◆Profile

新屋賀子 Yoriko Shinya 

(ピアノ・うた・作曲)

 

東京大学大学院 教育心理学修士課程修了。

幼少期より、ピアノと作曲に親しむ。

 

中学生まで音楽の道を志すが、誤った練習法により腕が動かなくなり、進路変更。

以来 臨床心理士として心理的・身体的なケアの手がかりを追求してきた。

 

 

脱力などの方法に出会い腕の動きも徐々に回復。2009年、ピアノのミニアルバムを制作するのと同時に心臓の病気になり 手術をきっかけに、音楽への思いを大切にしたく2013年、ソロ活動を開始。歌も歌い始める。

 

現在、造形作品やダンス等とのコラボレーション、映像作品への楽曲提供、生きづらさを抱えた人のための「ハートのたねコンサート」を主催するなど、幅広い活動を行う。

また2016年、「ネコヤナギ楽団」を結成し 最大7+1人の編成で各地でコンサートを行っている。 「滝乃川合唱団」、「夕やけ山合唱団」 音楽リーダー。 

 

自然を感じるような音、心に光が射すような音楽を奏でていくことがライフワークと思っています。  

 

photo by Ruriko Ohta